スマートフォン用の表示で見る

政策法務

一般

政策法務

せいさくほうむ

 行政地方分権に伴って、自治体において最近特に注目されている。

 類似する「法制執務」が「知識」「技術」であるのに対し、「政策法務」は「動機」「行動」であると言えよう。

 その名称の由来は、自治体政策法務論のエポックメイキングとなった

政策法務と自治体

政策法務と自治体

について、「自治体法務政策」であった当初の書名案から、試行錯誤の結果、ひっくり返してこの書名になったことによる。

 論者によって、様々なアプローチがあり、それに伴って定義も揺れるが、代表的なものは、以下のとおり。