政府短期証券

一般

政府短期証券

せいふたんきしょうけん

政府短期証券とは、かつて、日本において財政法または各特別会計法に基づき、一時的な国庫金全体、またはそれぞれの特別会計資金の不足を補うために発行された短期国債資金繰り債)のこと。

2009年1月をもって発行終了した。

発行当時、政府短期証券は、期間60日程度の割引債券*1となっており、発行条件や買取希望額を公募する公募入札方式で発行されていた。その入札資格は、日本銀行・銀行・証券会社投信会社・生命保険会社などの金融機関に限定されており、入札単位は額面1,000万円となっていた*2

その歴史は、1999年に、一般会計が発行する大蔵省証券食糧管理特別会計が発行する食糧証券外国為替資金特別会計が発行する外国為替資金証券の三種類が統合されて「政府短期証券」となり、為替介入資金などはこれによって調達されていた。また、割引短期国庫債券割引短期国債TB)と並んで高い信用力と流通性があったことから、日本銀行金融調節の一つである「短期国債オペレーション」の対象となっていた。

政府短期証券は、2009年2月からは割引短期国庫債券と統合され、「国庫短期証券(T-Bill)」という名称になった。

*1:額面より割り引いて発行される債券で、その発行価格と額面価格との差が利息に相当

*2個人は入札・購入ともできない、入札によって決定した発行価格は厘・毛の単位まで設定