スマートフォン用の表示で見る

星の子ポロン

アニメ

星の子ポロン

ぜんぜんきょうくんにならないかおすあにめ

※「星の子チョビン」とは異なります。


星の子ポロンとは、1974年4月1日から1975年4月4日の毎週月曜日から金曜日17時40分から17時45分に北海道文化放送で放送されたアニメ。全260話。東京では1977年東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送された(この他、福井放送山陰中央テレビでも放送確認。その他の地域は不明)。

概要

約5分程度で話は二本立てというミニ番組で、子供たちが守るべき社会のルールが題材となっている。ポロン以外の登場人物は動物である。アニメ作品としては作画枚数はそれほど多くはないため、動きが単調かほとんどないシーンもある。各回の冒頭でポロンが登場して自己紹介を行うと本編が始まり、最後はポロンが「バイバーイ」といって去っていく。 星の子ポロン

スタッフ

  • 制作:日本動画、時報映画社
  • 脚本:大貫哲義、村山節子
  • 作画監督:桑島東輝
  • 原画:鈴木孝夫
  • 動画:岩崎純央、町支哲義

各話リスト

現存分のみ掲載。
  • 信号機が皆青になっちゃった!の巻
  • ブレーキをいたずらしてはいけないよの巻
  • 美容コンクールの巻
  • ショーウィンドゥ騒動の巻
  • 大食いカバのまねをした熊さん虎さんの巻
  • 熊さん虎さん道路横断の巻
  • エスカレーター騒動の巻
  • 食堂は大騒ぎの巻
  • 石油を掘り当てたモグラ君の巻
  • ブー吉宙づりの巻
  • コロ助の水まき失敗の巻
  • 強情もほどほどにの巻
  • いたずらクマ君の巻
  • 笑い茸の巻

関連動画

その1
D
その2
D
その3
D
その4
D
その5
D]
その6
D
その7
D