スマートフォン用の表示で見る

星一

一般

星一

ほしはじめ
生年
1873年
没年
1951年
略歴
福島県に生まれ、東京商業学校(現在の一橋大学の前身となる同名の学校とは別)を卒業後、単身でアメリカに留学。帰国後、星製薬という製薬会社を作り、大きな成功をおさめるが、官僚社会主義が蔓延する日本において出る杭であった星は、エスタブリッシュメントによる国策捜査に翻弄され始め、次第に経営状態が悪化する。星一の没後は、長男でのちに作家となる星新一が跡を継ぐが、会社を再建することはできなかった。なお日本で書かれた最初のSF小説と言われる『30年後』は、彼の作 *1星薬科大学創業者でもある。また野口英世とも親しく、彼に資金援助した。

:戦後の第一回参議院議員全国区選挙のトップ当選者としても知られる。

参考文献
星一の生涯や人物像、交友関係に関しては、息子の星新一が執筆した『人民は弱し 官吏は強し』(ISBN:4101098166)、『明治・父・アメリカ』(ISBN:4101098174)、『明治の人物誌』(ISBN:4101098506)に詳しい。

*1:ただし、実際には星のアイデアを江見水蔭がまとめたもの。