スマートフォン用の表示で見る

星銃士ビスマルク

アニメ

星銃士ビスマルク

せいじゅうしびすまるく

リスト::アニメ作品//セルアニメ

日本テレビをキー局に、1984年10月7日から1985年9月29日まで。全51話放送。

スタジオぴえろ初のロボットアニメTVシリーズ。

ビスマルク」とは、主人公達の操る、巨大ロボット(宇宙艇型バトルマシンから変形)の名称。

 1話から26話までが、衛星ガニメデを舞台にしたお話。 クライマックスには、毎回違った敵の巨大ロボが登場し、ロボット形体ビスマルクとのバトルが描かれると言う、84年当時でも珍しい、ロボットアニメのオーソドックスな構成。 

 27・28話が、ライブフィルムの再構成と、総集編を中心にした前後編。 

 29話からは、舞台をガニメデから飛び出し、アステロイドベルト圏や他惑星を飛び交う。 敵のライバル「ペリオス」が登場。 敵巨大メカは「量産タイプ」となり、カラーリングを変えて登場する。

ストーリー

 未来の地球は、太陽系に進出さまざまな惑星衛星を開拓し、大勢の人が暮らし始めていた。 そこに豊かな地球太陽系を狙って、暗黒惑星から”デスキュラ”が襲来。 地球軍はこれを撃退する事に成功はしたが、デスキュラ太陽系県外の暗黒惑星メテウスに退いたに過ぎなかった。

 それから月日が経ち、デスキュラの進出が手が、ガニメデ伸日始めた。 が、先の大戦での軍の建て直しに未だ至ってない今、辺境星域を守る為に、軍の総司令官ルベールは「ビスマルクチーム」の設立を提唱。議会の主任を獲た。 

キャラクター

 ビスマルクチームは、個性豊かな若者達で構成されている。

  • 光 進二 ビスマルク・メインパイロット。 父親は前大戦で戦士した英雄。バトルバギー「ロードレオン」を操る。
  • ビル・ウィルコックス 射撃の名手。愛機は「アローストライカー」。 女性に惚れっぽい。帽子にこだわる。 前大戦では、家族を失っている。
  • リチャード・ランスロット 先祖代々英国情報部に勤めると言う。インテリジェントシステム担当 愛馬はロボットホースの「ドナテルロ」。
  • マリアン・ルヴェール ルベール博士の娘で、光 進二の幼馴染。 レーダー担当。 

 ビスマルクチームは、各員が戦闘用の防護服、兼、宇宙服である「プロテクトギア」を所有する。

  • ビスマルク 飛行形体から、戦闘形体(人型マシン)へ変形。 兵装はエネルギーガン「ロングトム」。 ロボット形体胸部から足部までの前面に固定武装が据えられている。 これを前門正射するのが、必殺の「オルガニック・フォーメーション」。 身長50m
  • スキュラ 暗黒宇宙から、滅び行く星を捨て遣って来た、人間とは異なる生命体。 人間社会に潜り込む為に、装置によって人間に変身している。 生きる為に水を大量に欲する。 死ぬと灰状になり霧散する。(これら設定の一部は、話の進行と共に消えた部分も有る)

その他

海外では、編集や追加作画で主人公を変えて”Saber Rider and the Star Sheriffs”として放送。 かなりの人気を得た。

ロボットビスマルクのモチーフは、テンガロハットにマントの、ガンマンスタイルである。