星野丑三

読書

星野丑三

ほしのうしぞう

歌人。(1909年10月10日-2001年7月23日)

埼玉県北足立郡室町(のち浦和市、現さいたま市)出身。浦和中学校をへて、1988年東洋大学卒。村野次郎に師事、短歌を詠む。1946年歌誌『鶏音』を興すが、のち香蘭短歌会に所属、1979年村野次郎の没後『香蘭』二代目主宰。92年『歳月』で日本歌人クラブ賞受賞。

著書

  • 『九曜 歌集』香蘭短歌会 1976
  • 『緑陰集 歌集』香蘭短歌会 1978
  • 風土 歌集』香蘭短歌会 1980
  • 『日常 歌集』香蘭短歌会 1983
  • 『今生 歌集』香蘭短歌会 1986
  • 『歳月』香蘭短歌会 1992
  • 『歌暦』香蘭短歌会 1997
  • 『米寿 歌集』香蘭短歌会 1998
  • 『卒寿 歌集』香蘭短歌会 1999

編纂

  • 『村野次郎三百首』共編 香蘭短歌会 1994.5 香蘭叢書