スマートフォン用の表示で見る

星野伸之

スポーツ

星野伸之

ほしののぶゆき

プロ野球選手。通称「星の王子様」。

左投左打、ポジションは投手背番号は53→28→34番。

1966年1月31日生まれ。北海道出身

旭川工高から1983年、ドラフト5位で阪急ブレーブスに入団。

100km/hにも満たないスローカーブ*1を武器に、11年連続2桁勝利をマークするなど、左腕エースとして活躍。

佐藤義則山沖之彦伊藤敦規らと共にチームの投手陣を支える。

1995、1996年のオリックス・ブルーウェーブパ・リーグ制覇、1996年の日本一に貢献。

2年連続で最高勝率のタイトルを獲得。


2000年、FA宣言し、阪神タイガースに移籍。2年連続で開幕投手を務めた。


2002年、現役引退。通算成績 427試合、176勝140敗2セーブ、防御率3.64。

移籍が無ければ200勝達成していたと言われる。


引退後は関西テレビで解説を務める。また、マスターズリーグ札幌アンビシャスの選手としても活躍。


2006年、阪神タイガースの二軍投手コーチに就任。

2010年、オリックス・バファローズの一軍投手コーチに就任。

リスト::野球選手

*1捕手中嶋聡が素手で取ったという逸話がある。