星野直樹

一般

星野直樹

ほしのなおき

 戦時中の官僚(いわゆる革新官僚の一人)

 1892年横浜市生まれ

 大蔵省営繕管財局国有財産課長在任中の1932年に推されて「満州国」官吏に転出。同国財政部理事官、財政部総務司長、財政部次長、国務院総務庁長を経て、1937国務院総務長官に就任。在任中は東条英機らとともに「満州国」を動かすの1*1として同国の財政経済を統轄。帰国後は第二次近衛内閣のもとで企画院総裁に就き、資本と経営の分離など国家社会主義的な経済新体制要綱原案を作成、自主統制を主張する財界との間に激しい摩擦を生じて1941年に辞職。貴族院議員に勅選されたが、同年東条内閣の出現とともに書記官長に起用され、以後東条退陣に至るまで東条側近として大きな発言力を保持した。その間、総力戦研究所長事務取扱・同参与、国家総動員審議会委員・企画院参与等もつとめた。辞任後は大蔵省顧問。

 敗戦後A級戦犯として極東軍事裁判終身刑を宣告されたが、1958年に釈放され、旭海運社長・東急電鉄取締役ダイヤモンド社会長などを歴任した。

 1978年永眠。

*1:2キ3スケと呼ばれた