スマートフォン用の表示で見る

正岡子規

読書

正岡子規

まさおかしき

(1867-1902) 俳人歌人松山市生まれ。本名、常規。別号、獺祭(だつさい)書屋主人・竹の里人など。新聞「日本」・俳誌「ホトトギス」によって写生による新しい俳句を指導、「歌よみに与ふる書」を著して万葉調を重んじ、根岸短歌会を興す。また写生文による文章革新を試みるなど、近代文学史上に大きな足跡を残した。著「竹の里歌」「俳諧大要」「仰臥漫録」など。脊髄カリエスにより早世。

goo国語辞典

第一高等中学校で夏目漱石と同級生になり、子規の死まで友情が続いた。

野球を日本に紹介した人としても有名。*1

*1:2002年、新世紀特別表彰で野球殿堂入りした。