スマートフォン用の表示で見る

正規空母

一般

正規空母

せいきくうぼ

航空母艦の種別。主に艦隊型大型空母を指すが、軽空母との境界は国や時代によって異なる。

第二次世界大戦当時の米海軍では、主に用途によって艦隊(任務部隊)型の空母正規空母(CV)、その中で搭載機数の少ないものを軽空母(CVL)、艦隊(任務部隊)に随伴しない小型空母護衛空母(CVE)と区分していた。具体的な搭載機数では55機以上が正規空母、45機搭載のインディペンデンス級軽空母、30機以下で速力の遅いものが護衛空母となる。