スマートフォン用の表示で見る

正宗白鳥

読書

正宗白鳥

まさむねはくちょう

明治十二年(1879年)、岡山県生まれ。34年、東京専門学校文学科卒業。のちに読売新聞社に入り、文芸、美術、演劇を担当。37年の処女作『寂寞』、40年の『塵埃』、41年の『何処へ』などで自然主義文学に新分野を開くとして注目され、文壇にその地位を確立。以来、戯曲、評論、小説に健筆をふるった。透徹した批評眼には定評がある。昭和37年没。


新編 作家論 (岩波文庫)

自然主義文学盛衰史 (講談社文芸文庫)