正常営業循環基準

一般

正常営業循環基準

せいじょうえいぎょうじゅんかんきじゅん

[英] Normal operating cycle rule

正常営業循環基準とは、財務・会計における基準の一つで、貸借対照表において、正常な営業循環(営業サイクル)内にあるかどうかで、資産負債を流動または固定のいずれかに分類する会計上の基準(ルール)をいう。

具体的には、現金→仕入→商品→販売→売上→現金といった会社の通常の営業活動で生じる資産負債)を流動資産(流動負債)と判断するものである。実際の資産負債の区分にあたっては、最初に「正常営業循環基準」を適用し、その後にもう一つの分類基準である「ワン・イヤー・ルール1年基準)」を適用するという手順になる。