正親町公明

社会

正親町公明

おおぎまちきんあき

日本の江戸時代後期の公家権大納言

光格天皇が実父である典仁親王太上天皇号を贈ろうとしたが幕府に拒否された事件(尊号一件)によって処罰された。