正像末和讃

一般

正像末和讃

しょうぞうまつわさん

日本の鎌倉時代の僧の親鸞の著書。1257年頃の著作と言われる。全部で116首の和讃で構成される。