正直、スマンカッタ

スポーツ

正直、スマンカッタ

しょうじきすまんかった

佐々木健介による謝罪の言葉。

2001年3月20日の代々木競技場第2体育館における、

「藤田、正直、タイトルを守れずすまなかった。今のオレには、失うものは何もない。リングに上がれば、とことんやってやる」。

との発言が元ネタ。

いまや、健介の代名詞となっている。

某掲示板ではAAまで作られている。