正田耕三

スポーツ

正田耕三

しょうだこうぞう

80〜90年代のプロ野球広島東洋カープの選手。現阪神タイガースコーチ。

右投両打、ポジションは二塁手背番号は4番。

1962年1月2日生まれ、和歌山県出身。

1984年ロサンゼルスオリンピックに出場し金メダル獲得。

1985年ドラフト2位で広島東洋カープに入団。

1986年、二塁手レギュラーを獲得、首位打者2回、ベストナイン2回、盗塁王

1987年から5年連続のゴールデングラブ賞など、俊足堅打のスイッチヒッターとして活躍。

1998年に引退。

翌1999年は広島、2000年からは大阪近鉄バファローズでコーチを務めるが、2004年の近鉄球団消滅により、退団。

2005年からは阪神タイガースで打撃コーチを務めている。