スマートフォン用の表示で見る

正法

一般

正法

しょうほう

仏教用語で正しい法(教え)を意味する言葉である。反対語は「邪法」。それが行なわれるとされる釈迦の入滅後500年(又は1000年間)の時期を指す。