スマートフォン用の表示で見る

正法眼蔵

読書

正法眼蔵

しょうぼうげんぞう

禅僧が執筆した仏教思想書で日本では道元が1231年から示寂する1253年まで生涯をかけて著した87巻のものが有名。日本曹洞禅思想の神髄が説かれている。