清朝 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

社会

清王朝

しんおうちょう

中国王朝のひとつ。清、清朝清帝国とも。

満州族女真族)のヌルハチ(太祖)が1616年に建国した後金を前身とする中国最後の王朝


現在の中国東北地方から興ったツングース系の満州族の建てた王朝。明滅亡後の中国大陸を300年近くにわたって支配。

1636年、ヌルハチの子のホンタイジ(太宗)が後金から国号を清と改めた。

その子、順治帝が1644年に北京を都とし、次の康熙帝が1683年に中国を統一した。


第4〜6代の康熙帝雍正帝乾隆帝の時代が最盛期だが、19世紀以降、ヨーロッパ列強の圧迫を受けて衰えた。

1911年辛亥革命と翌1912年中華民国の成立によって滅ぶ。