スマートフォン用の表示で見る

清水幾太郎

一般

清水幾太郎

しみずいくたろう

社会学者。1907-1988。東京下町に生まれる。オーギュスト・コントの研究から出発し、マルクス主義批評家として活躍、やがて翼賛体制に協力。戦後は社会主義色の強い平和論者として活躍、「庶民の思想家」と評される。60年安保の”敗北”を経て、70年代以降は改憲核武装を唱える保守系論者となる。

1980年『諸君』七月号の論文「今こそ国家たれ、核の選択」で、日本は経済力に見あった軍事力を充実させるために憲法改正核武装、国家権力の確立、福祉、自由、結社の制限を行うべきと主張した。

論文の書き方』(岩波新書ISBN:4004150922

愛国心』(岩波新書

など著書多数。

E.H.カー『歴史とは何か』(岩波新書ISBN:4004130018

M.ウェーバー社会学の根本概念』(岩波文庫ISBN:4003420969

など訳書多数。

[清水幾太郎語録]

  • 今日でこそ、子供たちでさえ「マスコミ」という略語を知っているが、当時は相当のインテリに説明しても、何のことか容易に判って貰えなかった。
  • 朝から晩まで再軍備反対を叫ばねば駄目であります。
  • 「いまこそ国会へ」
  • 「日本よ 国家たれ」
  • 「国を守れと言う。その場合の国家、日本国とは何であろうか。国家を代表するものは日本国政府である。日本国政府とは、すなわち自由民主党である。自由民主党を操る者は田中角栄である。田中角栄のために命を捨てろと言われても、私は厭だ。私は従わない」
  • 十人、百人を前にしてもどうということはないが、千人を前にすると、私の血が騒ぐんだね。