スマートフォン用の表示で見る

清水邦夫

読書

清水邦夫

しみずくにお

劇作家・演出家。木冬社代表。妻は女優の松本典子

1936年11月17日、新潟県に生まれる。早稲田大学文学部演劇科卒業。69年、『真情あふるる軽薄さ』で蜷川演出と組み 72年、蜷川幸雄石橋蓮司蟹江敬三らと劇団「櫻社」を結成、反体制的な若者を描いた作品で人気を集める。 74年、同劇団解散。76年、演劇企画グル−プ「木冬社」を松本典子山崎努らと結成。以後、戯曲を書き続ける一方、最近では小説の執筆活動も行なっている。

泣かないのか?

泣かないのか?一九六〇年のために

ぼくらは生まれ変わった木の葉のように

無力なギリシャへ出かけよう

アレン・ギンズバーグ

主な上演作品

1969年 『狂人なおもて往生をとぐ』(劇団俳優座公演)

『真情あふるる軽薄さ』(現代人劇場公演)

1972年 『ぼくらが非情の大河をくだる時』(劇団櫻社公演、岸田戯曲賞受賞)

1973年 『泣かないのか?泣かないのか?1973年のために?』(劇団櫻社公演)

1976年 『夜よおれを叫びと逆毛で充たす青春の夜よ』(木冬社公演、紀伊国屋演劇賞個人賞受賞)

1977年 『楽屋−流されさるものはやがてなつかしき−』(木冬社公演)

1978年 『火のようにさみしい姉がいて』(木冬社公演)

1984年タンゴ・冬の終わりに』(パルコ劇場公演)