スマートフォン用の表示で見る

生の哲学

読書

生の哲学

せいのてつがく

(独: Lebensphilosophie、仏: philosophie de la vie、 英: philosophy of life)

合理主義主知主義などの哲学に対抗して、“体験としての生”を直接的把握(直観)することを目指した哲学的潮流。19世紀後半から20世紀初めにかけてヨーロッパで展開され、実存哲学?実存主義)の前段階のに位置づけられる。ショーペンハウアーニーチェを源流とし、ディルタイジンメルベルクソンらによって代表される。