生花

アート

生花

いけばな

「せいか」

  1. 江戸中期に興った生け花様式。天・地・人の三格の役枝(やくえだ)で基本的に構成し、全体を不等辺三角形「く」形にまとめ、水際を1本とする。池坊(いけのぼう)では「しょうか」という。
  2. 自然の花。造花に対していう。

「いけばな」

草木の枝・葉・花を切り取り、花器に挿し、形を整えて鑑賞に供すること。また、挿したもの。立花(りっか)・生花(せいか)・自由花など、種々な様式がある。華道。挿花(そうか)。

「しょうか」

華道池坊で、生花(せいか)のこと。立花(りっか)を簡略化した小花(しょうか)であるとして「しょうか」と呼ぶ。

「なまばな」

生け花で、自然の花。造花や枯れ枝、人工を加えた花などに対していう。