スマートフォン用の表示で見る

生肉

生肉

なまにく

加工をしていない生の肉。主に食用で用いられることが多く、牛や豚、鳥などの動物の肉のことを主に指す。

生肉を使った代表的な料理に、韓国式のタルタルステーキ様の料理、「ユッケ」などがある。

日本では、2011年に起きた焼き肉チェーン店での集団食中毒事件を受けて、食品衛生法上の規格基準の格上げが行われている。たとえば、厚生労働省審議会により、牛の生肉を提供する場合は、従来の「トリミング」作業だけでは十分でないとし、「肉の表面を表面から1cm以上の深さまで、セ氏60度で2分以上加熱する」ことを義務付ける規制案を提示した。

2012年から牛の生レバーの提供は法律で禁止された。2015年6月からE型肝炎患者の増加を受け、豚の生レバーの提供も禁止された。