生霊

読書

生霊

いきりょう

生きている人の霊(おんりょう)。強い想いを持った者が肉体を離れ霊として現れると言われる。一般的には、祟りを伴う怨霊のうちで、死霊ではなく、生きている人の霊を言う。死の直前に家族などに別れを告げるために現れる霊を生霊と呼ぶこともある。⇔ 死霊

 飛騨では昔 牛蒡種(ゴンボダネ)と呼ばれる憑き物筋があって、その人の霊が「勝手に飛び出て 牛蒡の種のように然るべきものへくっつき」悪さをするといわれた。