精神病床

社会

精神病床

せいしんびょうしょう

精神病床とは、医療法第7条第2項で定義される、病院の病床のうち、精神疾患を有する者を入院させるためのものをいう。

日本は他先進国に比べ、精神病床の人口に対する比率が優位に高い事が知られている*1