スマートフォン用の表示で見る

精神分析

サイエンス

精神分析

せいしんぶんせき

ユダヤ人精神科医ジーグムント・フロイト(1856.5.6〜1939.9.23)の創設した神経症のための精神療法の一種。初期は無意識を解釈することによって意識化することが目指されたが、「自我」「超自我「イド」の構造論が導入されてからは、自我の強化が強調された。

被分析者はカウチに横になり頭に浮かぶ考えをそのまま言葉にする*1。分析者はこの連想の背後にある被分析者の無意識を解釈する。