精神保健福祉資料

社会

精神保健福祉資料

せいしんほけんふくししりょう

厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部精神・障害保健課が毎年6月30日付で都道府県・指定都市 に報告を依頼している調査の事。

通称630調査

衛生行政報告例とは別に作成されており、国立研究開発法人である国立精神・神経医療研究センターが取りまとめている。

載せられている内容

精神病床数、患者数、補助職を含む従業者数、保険診療における入院料の区分、隔離処遇・身体拘束処遇数、疾患分類毎の患者数、患者の年齢区分、患者の在院期間状況、患者の開放区分、6月入院患者の追跡(月別の退院、転院、死亡退院、1年後の残留数等)、精神障害者が利用する施設等の状況(入所サービス及び通所サービス)、デイケア等利用状況、訪問看護の利用患者数、医療観察法病棟の対象者数、精神科病院の状況、家庭復帰・社会復帰施設等への復帰患者数、開設者・運営者別の施設数、退院請求者数、各自治体の精神医療審査会の構成、移送の状況、精神障害者保健福祉手帳所持者数と交付数、適応訓練事業の状況、平均残存率、等が記載されている。