聖バレンタインデーの虐殺

社会

聖バレンタインデーの虐殺

せんとばれんたいんでーのぎゃくさ

禁酒法時代の1929年2月14日シカゴでギャング8人が一斉に射殺された実在の事件または抗争である。主犯格アル・カポネは一味を引き連れて当時対立していたバッグズ・モラン一家を警官に扮装して殺害した。

余談だが、この事件で逮捕された者は一人も居なかった。また当時大衆に絶大な人気を得ていたカポネ(密造酒を振舞った等)だったが、この事件を機に失墜した。またアメリカ本国ではこの事件がきっかけで深刻な無法地帯と化すことになる。

この事件を扱った作品