スマートフォン用の表示で見る

聖書

読書

聖書

せいしょ

キリスト教の正典。旧約聖書新約聖書の二部からなる。

旧約聖書」の部分(全47または39文書*1)はヘブライ語(ごく一部はアラム語)で書かれている。ユダヤ教共通部分。キリスト教ユダヤ教を源とするため。

新約聖書」の部分(全27文書)はギリシャ語で書かれている。古代キリスト教会が「旧約聖書」に新たに付加した部分。

内容

 旧約聖書の最初の書は「創世記」と呼ばれ神が地球と宇宙を創造し、その後植物や動物、人間を創造したという記述で始まる。最初の人間アダムとイブは楽園で生活していたが、神との約束を破って、善悪の木の実を食べてしまう。その結果、アダムとイブの子孫には罪が受け継がれ、寿命がきて死ぬようになってしまう。また楽園から追放され、生きるために辛い労働をしなければならなる。

翻訳

古代から現代まで、世界各国の言語に翻訳され続けている。キリスト教宗派により、邦訳にも複数の種類がある。以下に使用者の多い、代表的な翻訳を挙げる。

推定部数25億万部

世界で一番たくさん印刷されている本、だそうだ。

翻訳言語数

資料によれば、2005年現在、2212言語に翻訳されているとのこと。 http://www.wycliffejapan.org/document/archives/watters_vision2025.htm

さらに約1500の言語がプロジェクト進行中。

ただし、なお3700の言語が未着手とのこと。

*1カトリックは47書、プロテスタントエホバの証人は39書を正典としている