聖隷福祉事業団

一般

聖隷福祉事業団

せいれいふくしじぎょうだん

静岡県を中心に病院や介護施設などを運営する日本の社会福祉法人。日本最大規模の社会福祉法人である。関連団体に大学を運営する学校法人や有料老人ホームを運営する財団法人がある。静岡県浜松市中区元城町に本部がある。

1926年に大野篁二、長谷川保により聖隷社を設立1930年5月にキリスト教青年らが病室を建設したことが始まりである。後にベテルホーム(神の家)と称した。1939年12月24日には資金難から事業継続を断念するが、同じ年の12月25日には昭和天皇よりの多額の下賜金を受け復活し、その後は事業を拡大していった。1942年に組織変更を行い財団法人聖隷保養農園を設立1952年5月17日に社会福祉法人に組織変更を行い、社会福祉法人聖隷保養園を設立1973年に現在の名称に変更した。