製本

読書

製本

せいほん

印刷が終わった用紙(刷本)を折って綴じ、本に仕上げること。洋式の場合、上製本(本製本)と仮製本(並製本)があり、仮製本は耐久性が低い。


製本の種類には、中綴・平綴・かがり綴(糸綴り)・無線綴・並製本上製本などがある。

ページの余白部分のうち綴じられる側を「のど」と呼び、これが見開き状態で中央にくる部分となる。

製本の方式によってこの「のど」の余白部分として必要な量(「のどの開き」という)が異なってくるため、どのような綴じ方とするかはページレイアウトの点でも基本的な情報であり、綴じ方を決定したのちに最終的にページレイアウトが決定される。