スマートフォン用の表示で見る

西サハラ

地理

西サハラ

にしさはら

Western Sahara(英)

アフリカ北西部、サハラ砂漠の最西端、大西洋岸の地域の名。

元のスペインサハラ

1970年スペイン領有権を放棄し撤退後、北隣のモロッコと南隣のモーリタニアが分割統治をおこなう状態になった。

1973年に独立を志向施行する現地住民がポリサリオ戦線が結成され、1976年にポリサリオ戦線が「サハラ・アラブ民主共和国」として独立を宣言。アルジェリア首都アルジェに根拠地を置く亡命政府ができた。

しかし、その後は モロッコ が全土の領有を主張する状態が続いている。

1991年国際連合の仲介でポリサリオ戦線モロッコは停戦した。

一応、帰属を住民投票で決めようという和平案自体はあるのだが、住民投票の方法や範囲を巡る対立が未解決のため、実施は未定である。