西ベルリン

地理

西ベルリン

にしべるりん

ドイツ語: West-Berlin, 英語: West Berlin, フランス語: Berlin-Ouest)

第二次世界大戦終戦後1949年から1990年まで、アメリカイギリスフランスが占領したベルリン西部の地域。周囲をドイツ民主共和国旧東ドイツ)の領土(ソ連が占領し、後に東ドイツ首都となった東ベルリンも含む)に囲まれていた。

このことから、西側自由主義陣営からは「赤い海(共産主義諸国)に浮かぶ自由の島」と評された。