西岡常一

一般

西岡常一

にしおかつねかず

法隆寺宮大工

昭和の大修理に25歳の若さで棟梁となり

法隆寺建築に秘められた先人のさまざまな叡智にふれ

宮大工口伝の確かさを実感し

その伝承と実践に後半生を捧げた

昭和40年からは薬師寺天平伽藍復興に際し

全国から集められた宮大工棟梁として

法隆寺に見られる先人の叡智を現代に甦らせた

著書も多く(しかし対談やインタビューの再構成がほとんど)

法隆寺を支えた木」は中学校の国語の教科書の掲載されていた

また宮上茂隆と穂積和夫との共同制作である

法隆寺―世界最古の木造建築 日本人はどのように建造物をつくってきたか 1」は、

法隆寺の何が素晴らしいかを端的に著した名著である。

技術論としての古代建築論だけでなく

棟梁としての「リーダー論」や「人材育成論」が

多くの人々の心に響いて名著も多い「木に学べ」「木のこころ木のいのち」等

生前のインタビューを収録した

西岡常一宮大工の仕事を語る」はCD化されている

また、薬師寺で販売している

「木に学べ」というVTRでは彼の姿だけでなく

宮大工の作業工程が見事に描かれており貴重である

プロジェクトXでも死後取り上げられたが

薬師寺金堂の再建のためのさまざまな映像が放映された

弟子の小川三夫がカンナの実演をした