スマートフォン用の表示で見る

西郷頼母

社会

西郷頼母

さいごうたのもち

文政13年閏3月24日(1830年5月16日)〜1903年明治36年)4月28日)

日本の江戸時代後期の会津藩家老明治維新後は保科頼母と改名。

戊辰戦争に参戦し、箱館戦線で江差まで戦ったものの、旧幕府軍が降伏すると箱館で捕らえられ、館林藩預け置きとなった。その後は赦免されて私塾を開いたりしていた。