西国街道 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

西国路

さいごくじ

西国路は、京都府京都市*1から兵庫県西宮市までを結んでいた街道のことで、西宮市において中国街道と連絡する。

道程

始点は、京都府京都市南区東寺*2。『京の七口』の一つで、その名の通り東寺のすぐ近くに位置していた。

東寺口からJR向日町駅までは国道171号線とほぼ同一で、JR向日町駅から先、国道171号線の平行しながら山崎へ至る。途中、街道脇には、延暦3(784)年から10年間に渡って日本の首都が置かれた『長岡京』の跡や長岡天満宮などがある。

山崎には宿場が整備されており、山崎の戦い禁門の変などといった戦の舞台にもなった。また、山崎は山城国摂津国の国境となっており関所もあった。国境を越えると、JR東海道本線沿いに西へと進むと高槻市の芥川宿に至る。芥川宿を越えると今城塚古墳、太田茶臼山古墳を観光しつつ、茨木市豊原町付近で国道171号線を横断すると、郡山宿に入る。郡山宿には日本でも珍しく本陣江戸時代当時の面影そのままに残存している。そのまま西へ進み、箕面市へ入ると、萱野三平旧宅の長屋門が残されている。牧落交差点で再び国道171号線を横断して進むと、瀬川宿があるが今は面影が無い。瀬川から南西へ下っていき、軍行橋を渡ると伊丹市に入る。入ってすぐに多田街道と交差、さらに先へ進んで大鹿で、湯ノ山街道(有馬街道)と交差する。昆陽には宿場が整備されており、伊能忠敬宿泊したというが面影は無い。昆陽寺を横目に髭の渡しを渡ると西宮市に入る。西宮市には大した痕跡も残っておらず、南へ下って西宮神社付近で中国街道と合流、山陽道と名を変え山口県下関市まで向かう。

宿場・渡し・名所など

名称所在地種類その他,備考
東寺京都府京都市南区京の七口の一つ。西国路の始点
長岡京京都府長岡京市名所(史跡)かつての日本の首都
山崎京都府乙訓郡大山崎町宿場、名所(戦跡)山崎合戦や禁門の変の舞台。大山崎湯座が有名
妙喜庵京都府乙訓郡大山崎町名所(寺院)千利休茶室とされる『待庵』が有名
離宮八幡宮京都府乙訓郡大山崎町名所(神社)日本最初の製油発祥の地とされる
水無瀬神宮大阪府三島郡島本町名所(神社)後鳥羽天皇順徳天皇を祀る
桜井驛跡大阪府三島郡島本町名所(史跡)古代山陽道の駅。楠公父子決別の地として知られる
芥川大阪府高槻市宿場幕末には西国路の宿場中で大いに賑わった宿場三条実美らが宿泊
今城塚古墳大阪府高槻市名所(古墳)真の継体天皇稜か?
太田茶臼山古墳大阪府茨木市名所(古墳)(宮内庁指定の)継体天皇
郡山大阪府茨木市宿場日本で数少ない本陣が現存。浅野内匠頭らが宿泊
萱野三平旧宅大阪府箕面市名所(旧跡)三平切腹したと伝わる長屋門が現存
瀬川大阪府箕面市宿場-
辻の碑兵庫県伊丹市交差点摂津国の中央とされる。多田街道と交差
昆陽兵庫県伊丹市宿場伊能忠敬宿泊
昆陽寺兵庫県伊丹市名所(寺院)行基作と伝わる薬師如来が現存
髭ノ渡兵庫県尼崎市渡し-
西宮兵庫県西宮市宿場・追分西宮神社門前町として栄えた場所。中国街道と連絡

その他

一部を除いて、国道171号線と平行しており、「西国街道」という通称も使用されている。

また、豊臣秀吉朝鮮出兵した際に整備した事から「唐道」とも。

*1:異説あり。

*2京都市南区の竹田口、京都市乙訓郡大山崎町との説もある。