西山夘三

アート

西山夘三

にしやまうぞう

1994年、古都景観論争のさなか急逝した大建築学者京都大学名誉教授。

1911-1994

都市、住宅計画専攻。1933年京都大学工学部建築学科卒業、41年京都大学工学部講師、住宅営団研究部技師、44年同大学講師・営繕課長、46年同大学助教授、61年同大学教授、74年定年退職。京大在学時に結成されたDEZAM参加以来、戦前から継続したマルクス主義建築運動の第一人者、かつ庶民住宅分析に精密なフィールド調査をおこなった。代表的著作に『住宅問題』『これからのすまい』『日本のすまい』『すまい今考学』など。