西寺

一般

西寺

さいじ

日本の平安時代京都にあったとされる寺。守敏に下賜されたとされる寺院で現在の京都市南区唐橋にあったと考えられ、東寺と対になる官寺として創建され、16世紀ごろまであったと考えられている。なお、唐橋西寺公園近くの南区唐橋平垣町には浄土宗西山禅林寺派の西寺が小寺院として現存している。