スマートフォン用の表示で見る

西住小次郎

社会

西住小次郎

にしずみこじろう

かつての大日本帝国陸軍の軍人。最終階級は陸軍歩兵大尉。勲五等功四級。熊本県出身。

日中戦争において、戦車長として活躍。徐州会戦において戦死した。死後、軍部から公式に軍神として最初に指定された軍人として知られる。