西城正三

スポーツ

西城正三

さいじょうしょうぞう

ボクシング元WBA世界フェザー級王者。協栄ボクシングジム所属。

大場政夫沼田義明小林弘柴田国明らと共に日本ボクシング黄金時代を支えた一人。

1947年1月28日生まれ。埼玉県出身。

1968年6月6日米国で当時のWBA世界フェザー級王者ラウル・ロハス?ノンタイトル10回戦を行い、判定勝ち。同年9月27日には、シンデレラの魔法と形容されたラスト10秒ラッシュで15回判定勝ち。王座を奪取。協栄から海老原博幸以来2人目の世界王者誕生となった。また、日本人で初めて海外での世界タイトル奪取となった。

シンデレラボーイ」と呼ばれた。

1970年12月3日には小林弘との史上初の現役日本人世界王者同士のノンタイトル戦も行った(10回判定負け)。

1971年9月2日、アントニオ・ゴメス?に5回KO負けで6度目の防衛に失敗。現役引退

戦績:38戦29勝8KO7敗2分

その後、キックボクシングでもデビュー。十数連勝を記録した後、藤原敏男と対戦するも不可解なTKO負け。

現在はオークラジム?会長。


* リスト::ボクサー