西村京太郎

読書

西村京太郎

にしむらきょうたろう

ミステリー作家赤川次郎内田康夫と並ぶ人気小説家

十津川警部シリーズが有名。

本名・矢島喜八郎。昭和5年9月6日、東京日暮里生まれ。

昭和23年に中学校を旧制最後の年に卒業。発足したばかりの臨時人事委員会人事院の前身)に就職、11年間国家公務員として働く。

以後作家を目指しながらトラック運転手、保険外交員、私立探偵、競馬場の警備員などの職を転々とする。

昭和40年『天使の傷痕』で第11回江戸川乱歩賞を受賞。

2001年10月31日、神奈川県湯河原町に「西村京太郎記念館」がオープン。