スマートフォン用の表示で見る

西村晃

映画

西村晃

にしむらこう

俳優。日本大学専門部芸術科卒。

故人。

1923年1月25日生まれ。北海道出身

父親は1928年に日本で初めて圧縮空気を使って手や頭を動かす人形・人造人間「学天則」を制作した理学博士・西村真琴である。*1

日本大学専門部芸術科に在学中に学徒動員で兵役を経験。裏千家十五代家元鵬雲斎?千宗室(現在の千玄室?宗匠)と共に特攻隊員として訓練を受けたが、機体不良により不時着、生きたまま終戦を迎える。

戦後、東京芸術劇場の第一期研究生となり、その後、日活に所属。1951年、『風雪二十年』(日活)で映画初出演。

以後、多くの日活映画に登場し悪役を演じる事が多かったが、1964年の主演映画『赤い殺意』において、日本映画記者会男優賞、ブルーリボン賞男優助演賞などを受賞する。

1983年より、東野英治郎の後を受けて人気TV番組『水戸黄門』の水戸光圀役を演じ、東野黄門とはまた違った、スマートで品の良い二代目黄門像を確立。92年の第21部まで水戸光圀として出演。

何よりも水戸黄門が有名であるが、面白い仕事としては、 映画『ルパン三世 ルパンVS複製人間』で、悪役マモーの声をあてており、見事な怪演を見せている。

1997年4月15日心不全のため他界。享年74歳。

代表作

*1:なお、映画『帝都物語』において、自らこの父・西村真琴の役を演じている