スマートフォン用の表示で見る

西村誠芳

アニメ

西村誠芳

にしむらのぶよし

アニメーターコナミコンピュータエンタテイメントジャパン所属。元スタジオダブ所属。

1980年代後半から「ミスター味っ子」などで原画を、「機動戦士Vガンダム」等のテレビ朝日ガンダム作品で作画監督を務めていく。

特に「新機動戦記ガンダムW」と「機動新世紀ガンダムX」は製作協力と言っていいほど全話に渡りスタジオダブで作画された上に自身もほぼ全ての回で今も多くの作品の作画監督を務めているスタジオダブ佐久間信一や榎本勝紀と共に多くの原画、作画監督を務めた。

1997年にCGの仕事をしたいという思いからコナミコンピュータエンタテイメントジャパンに移籍。

ガンダムXの放送当時はガンダムWの流れで参加していた為に余裕も無く軽い気持ちで引き受けてしまったガンダムという作品の重さにしばらくガンダム自体が見れなかったと本人は語っている。

コナミのヒット作品であるメタルギア・ソリッドなどの製作にも携わっている。