西村肇

西村肇

(一般)
にしむらはじめ

 東京大学工学部・化学系名誉教授。もとは機械工学科を出る。
環境問題に包括的に取り組み、水俣病、自動車の環境に与える因果関係を探る。
 水の問題にも取り組み、同じテーマで研究をしていた中西準子さんより緻密
な分析であったとの説もある。
 1980年「トイレットからの発想」(ヴァン・デァ・リン)を翻訳し、水問題への
大きな貢献をしたと見られる。