西大門刑務所

地理

西大門刑務所

そでむんけいむしょ

韓国京城ソウル)にあった刑務所。1908年10月21日、日本が指導する近代化政策の一環として、朝鮮半島初の近代的刑務所を「京城監獄」の名で建設。1912年9月3日に「西大門監獄」、1923年5月5日に「西大門刑務所」、戦後の1945年11月21日に「ソウル刑務所」、1961年12月23日に「ソウル矯導所」、1967年7月7日には「ソウル拘置所」と名称が変更されていった。1987年11月15日に「ソウル拘置所」が始興郡儀旺邑(現在の義王市)に移転されるまで、刑務所としての役目を果たした。韓国政府が1988年2月20日に同刑務所の死刑場を史蹟第324号に指定し、「西大門刑務所歴史館」を開設したことで、再び「西大門刑務所」と呼ばれるようになった。