西沢道夫

スポーツ

西沢道夫

にしざわみちお

プロ野球選手・指導者。

通称「ブンちゃん*1」。「ミスタードラゴンズ」。

右投右打、ポジションは投手一塁手背番号は15番*2

1921年9月1日生まれ。東京府荏原*3出身。

1936年12月、15歳で名古屋軍投手としてテスト入団。

1937年秋に初登板。1939年に6勝を挙げると、翌1940年は20勝をあげ一躍主力投手に。

しかし以後は好投するもなかなか勝ち星が付かず、2桁勝利はこの年だけであった。

1942年5月24日、大洋軍戦(後楽園球場)に先発し、世界最長となる延長28回を311球で完投した。*4

同年7月18日、ノーヒットノーラン達成。

1943年、応召。

1946年中日に復帰するが、応召中に肩を痛めていたため満足な成績は残せず。

元同僚であり先輩の坪内道典?が監督を務めるゴールドスター金星スターズ)に移籍。一塁手に転向。

坪内と共に中日ドラゴンズに復帰した1949年、37本塁打、翌年は46本塁打スラッガーに成長した。

1952年打率.353、98打点で首位打者打点王の2冠を獲得。

1954年、主将服部受弘、親友杉下茂と共にリーグ優勝日本一に貢献。

1956年より、コーチ兼任。1958年、現役引退。

1959年3月15日*5ドラゴンズの選手として初めて引退試合を行う。


1963年、中日ドラゴンズヘッドコーチに就任。

監督人事で球団内が二分していたが、両方の派閥から候補として挙げられ、監督に就任。復帰後も15番を着用。西沢の誠実な人柄が表された。

中利夫高木守道の1,2番コンビを見出し、チームを立て直す事に成功。3年連続2位と健闘する。

監督業を1968年キャンプインまで務め、病気の為に退団。

長年の功績により、背番号15番は永久欠番となる。

1974年、20年ぶりのリーグ優勝を、病床の中で観戦。

1977年野球殿堂入り。

同年12月18日、心不全のため名古屋市内の自宅で逝去。

*1:元関脇出羽ヶ嶽文治郎に西沢が良く似ていた為に命名された。

*2:15歳で入団、昭和15年に結婚した事から、チーム復帰の際に選ぶ。

*3:現在の東京都品川区

*4:相手投手野口二郎も一人で投げぬいている。

*5背番号にちなみ、自ら15日と言う日を選んだ。