スマートフォン用の表示で見る

西田啓

アニメ

西田啓

にしだひらく

概歴

国学者

小説・アニメガサラキ」に登場するキャラクタ。

実は影の主人公。彼のキャラのインパクトは、明らかに主人公その他のキャラを食っている。

特に小説版の方は、アニメ版西田を遥かに上回る絶大な存在感を持つ。

 

[公式サイト ガサラキWebより転載]

国学者。堕落する一方の日本国民を憂い、失われた美徳を悲観するあまり、その現状を目にしたくないと愛刀で自ら両目の視力を断つ。日本再生の手段をクーデターに見出した人物で、その理想に賛同した広川中佐や豪和一清を従える。そしてアメリカが引き起こした穀物恐慌を見事に予想し、天才的な分析力と推論能力でアメリカに対抗した。日本の実権を握った西田は、合衆国が引き起こした穀物恐慌に対し、日本の全資産を投入してのアメリカ経済の崩壊を準備。シンボルのバックアップを受けたアメリカと全面対決の姿勢をとった。それが功を奏し、アメリカの態度が軟化したことを確認すると、西田は事態の収拾を図るためすべての責任を負って自害した(24話)。

 

西田の自害について

[小説 ガサラキ 接触・未来 より転載]

その時、(広川は)西田が別れ際に残して行った言葉が脳裏を過ぎった。

「事を収める?」

広川は思わず周囲を見回した。大勢の人々が事後処理のために働いている。その中に、一人、じっとメイン・モニターを見上げている男が居た。男は、食い入るようにモニターの中数字を見つめていた。その表情を見て、広川の表情が強ばる。彼は、慌てて他の人間達の顔に目をやった。広川が見た。今、多くの人間達の顔に、ある一つの表情が浮かんでいるのを。少なからぬ人間達が、ある者は自分のモニターを見つめ、ある者はメイン・モニターを盗み見ながら、一様に芒洋とした驚きと、微かな憤怒を浮かべている。

広川は気付いた。西田の説得で一度は心の中に収めた不満と野望が、再び頭をもたげ始めようとしている。彼らは今、自分達が葬り去ろうとしている計画に潜んでいた力の大きさに改めて心動かされ、そして、まだ遅くない、今からでもアメリカに致命的な打撃を加えられる、という思いを抱き始めている。虚ろな表情は何より雄弁にその事を物語っている。

今この場を支配している空気は、どんな小さなきっかけでも簡単に爆発してしまうだろう...

###中略###

西田が死んだ。

今、この情報中枢に西田の姿は無い。何故がその事がわかには信じられないような気がする。実際、西田がここにいたのは僅か三日余りの事でしかない。それなのに、永遠にその存在が失われたのだと解った瞬間から、ピットを満たしていた情熱は虚ろに沈み、全てが緩慢に静止していった。

ふわっと白い鳥が舞い降りるように、ゆっくりと時の流れが繰り返される。

呆然と西田の死の知らせを受け取る人々、重苦しい悔恨が潮のように拡がって行く。

虚ろな顔、顔.....。

今や、西田がアメリカに対する経済攻勢の中止を命じた時から一人一人の心の中に蟠っていた反発心はたちまちにして消えて行った。恐らくその瞬間、誰もが命を賭してまで自らの理想を貫き通そうとしたこの人物に対して後ろ暗さにも似た改悛を感じていたに違いない。そして、誰もが西田が残した最後の言葉を本当の意味で思い起こしていたに違いない。

『事を収めるのは、それを始めるより遥かに難しい......』


モデル

西田税三島由紀夫北一輝など、諸説ある。