西田税

一般

西田税

にしだみつぎ

西田税(AD.1903〜AD.1937)

1903.10.3、鳥取県生まれ。中央幼年学校卒業。陸軍士官学校卒業。

20年陸軍大学入学、在学中に黒龍会などと交流。21年卒業、朝鮮広島などで勤務に就く。

25年依願予備役少尉。大川周明の行地社?大学寮に入る。安田生命争議、怪文書事件などを起こす。北の日本改造法案大綱を受けて、27年士林荘?設立青年将校北一輝とを結びつける。同年、天剣党?規約を配布する(天剣党事件)。29年日本国民党結成に参加、合法運動に転向したため、32年五・一五事件では血盟団川崎長光に撃たれて重傷。35年相沢事件の公判闘争を展開。36年二・二六事件連座し、事件鎮圧後に逮捕。軍法会議で、北一輝とともに銃殺の死刑判決。37年処刑。