西田無学

一般

西田無学

にしだむがく

1850年〜1918年

日本の江戸時代末期から大正時代初期にかけて活動した宗教家仏教思想家。本名は利蔵で号は常不軽無学。

法華経と先祖供養を結びつけた行法を考案し、その後出現した法華経系教団の多くに影響を与えた。